「ハルシオン開発中」米国統計学会の季節調整研究会で報告

Halcyon: an enhancement of X-13ARIMA-SEATS 2022年8月5日

米国統計学会 季節調整実務者研究会 (2022 SAPW) 提出資料

[CC]ボタンは字幕の選択です。

当研究所では1990年代半ばからセンサス法を改造し、自家用季節調整ソフトとして使ってきました。現在はX-13ARIMA-SEATS /\(\displaystyle\chi\) (カイ)をプロジェクト名「ハルシオン」として開発中で、世界の主な祝日の影響を自動的に検出する機能をめざしています。

このスライドは2022年6月8, 9日に開催された米国統計学会 (American Statistical Association) の季節調整実務者研究会 (Seasonal Adjustment Practitioners Workshop) でのハルシオン開発の報告です。